夢診断であなたの心の声を聴いてみませんか?

さいころを使う占い

みんなが頼りにしてきた占い

タロットカードの山 占いは、タロットカードやトランプを使用したり、また手相や人相を見たりと、さまざまな方法でその人の将来や運勢や悩みなどを当てるものです。古くからたくさんの人々が頼りにしてきました。

人生をプラスに変えられる

正義のカード 日常とは違うスピリチュアルな経験をしたいときには、有名な占い師に悩みを相談したり、願掛けをするといいです。特別な力をもらったことを感じることで前向きにものごとを考えられるようになります。

夢診断でわかる深層心理!?

スマホでの占い

夢診断の特徴は「シンボルから読み解く」ことでしょう。 自分の夢に出てきた人が、自分とどんな間柄の人だったのか。好きな人?知らない人? さらにその人を見て、自分がどんな気持ちになったか。悲しい?嬉しい? 夢診断は、そういった自分の覚えている夢の断片から、隠されている心の象徴を読み解き、あなたに「今、あなたの心はこんな状況ですよ」「これからはこんなことが起きるかもしれませんよ」と教えてくれるのです。 全部しっかり夢を覚えていなくても大丈夫です。印象に残った個所からでも隠された意味がわかります。 最近、なんだか同じような夢をよく見るなあ、なんて人は、それはもしかしたら自分の心が何かを訴えているのかもしれませんね。 今一度、夢診断で心の声を聴いてみてはいかがでしょうか?

夢診断とは有名な心理学者、ジークムント・フロイトが発表した精神分析の方法です。 それまで「神のお告げ」や「悪魔のささやき」とも呼ばれてきた夢に対して、フロイトは初めて精神学および心理学に基づいた分析を試み、その研究結果を発表しました。1900年のことです。 フロイトはこう考えました。私たちは普段は自分の性的欲求(=リビドー)を抑えて生活している。しかし、あまりにも強く抑圧されたリビドーは、人間の無意識の中で活動を始める。それが夢だと。 睡眠中は人間の意識は無意識となります。当然、リビドーは、自由に活動をします。それが夢の正体だとフロイトは考えたのです。 さらにフロイトの弟子、カール・グスタフ・ユングはその理論を深めました。ユングはさらにそのリビドーが「様々な欲求に変換可能な、心的エネルギー」と位置付けました。ユングは、夢は性的エネルギーの抑圧だけではなく、人がそれぞれ抱えているコンプレックスや精神的な問題を映し出すものだと考えたのです。 夢診断にはこのように、精神分析的な意味があり、きちんと学問上でも研究された方法なのです。

知って得する占いの豆知識

おみくじ 恋愛、仕事、健康など、これから先のことは分からないことが多いです。そんな時に頼りたくなるのが占いです。では占いを受ける際には、どのような知識があれば良いのでしょうか?

トピックリスト

トランプを使った占い 「夢診断であなたの心の声を聴いてみませんか?」のトピックリストです。

↑ ページトップへ